リスクにさらせるのは元資金の2%まで!

元手の減少からの回復と言うのは精神的にも現実的にも非常に困難を極めるものです。
バイナリーオプションで必要となるのは精度を高めた分析と、どれだけ利益を上げていく確率を伸ばせるかと言うのが大事な事になります。

ポジションサイズが大きすぎれば、損失を恐れてポジションを取る事に躊躇いが生じ、トレードチャンスに乗り遅れてしまい、本来ならば利益を獲得できた相場で損失なんて事になってしまうという事もあります。
含み損が大きすぎて損切りできないなんて事もあります。

バイナリーオプション初心者によく見られるのが、とにかく早く儲けたい!と、ギャンブル的感覚と理由で、無謀なトレードをされる方がよく見られますが、負けた時にどうするのか?損切りの額が許容範囲を既に超えてしまっていないか?それが見えてない方がいらっしゃいます。リスク=損失について考える事は非常に重要な事になります。

まずは根本的な考えとして「儲ける」事よりも、耐えられる損失を念頭に考えてみて下さい。

そうする事により自分自身の許容範囲、つまりポジションサイズが自ずと見えてきます。

どの程度の許容範囲を作るのか、その1つの目安で考えるのであれば20回を超える損失の連続の場合でも耐える事が出来るように、基本として1回のトレードによる損失を元手の約1%から2%位で抑えられるようにしましょう。

元手の資金が100万円でしたら、10,000円から20,000円の損失が1度のトレードによる許容範囲内と明確に出せます。

トレードを始める前から、最大損失が決まっている事を理解しましょう。

バイナリーオプションなら「オプショントレーダー」  OPTION TRADER

そして、バイナリーオプションでは何も知らなくても50%の勝率からスタートです。ですが、分析を併せて行い、精度を上げ、相場の状況を知り、利用業者がキャンペーン採用していれば利用する、と言う事から勝率が50%以上になる可能性は十分にあると言う事です。
有利な状況だけ手を出すのも、リスク管理の基本となりますから、そういう部分にもしっかりと考えを置いておく事が最初に始める攻略だと思います。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)