バイナリーオプションにおけるリスクヘッジの利用法!

バイナリーオプションにおけるリスクヘッジですが、取引で起こる色々なリスクを回避もしくは軽減する方法を指します。
金融商品を取り扱う事においても当然ですし、取引でも大切な要素の一つと言えるでしょう。

Chart USDJPY, H1, 2014.11.29 08 58 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots (1)

例えば、上記の画面の様に円高を期待していて、ドル/円のポジションを長い間保有している場合に、一時的ですが円安になる場合がありますが、こんな場合はリスクヘッジとして両建てで対応というトレーダーもいらっしゃいますが、経験を積んだ方でなければ、時と場合によってはリスクを増やす結果にもなります。
ですからどちらかと言えば初心者には向いてないので、初心者の方は徐々に覚えるつもりでいきましょう。
バイナリーオプション取引でのリスクヘッジですが、基本はポジションを保有したままで相場の反対方向へと向かうチケット購入、要は逆張りするだけなんです。
それに、バイナリーオプションの決済は基本的には24時間以内に終わる事から、スワップの心配もないという事が特徴になっていますね。

FXなら安心と信頼のFX セントラル短資FX

バイナリーオプションの場合、FXと同様、為替相場を使用して取引をする事から、これはFXでのリスクヘッジとしても活用できます。
何故ここでFXの話かと言うと、仮にFXで損失が発生した時でも、バイナリーオプションでは的中しているので相殺できると言う事になります。
つまりは、保険の役割が出来るんです。
反対に、FXでの予想が的中している時は、バイナリーオプションは損失となるのですが、損失金額は最初に投資した分だけです。
そして、FXによる利益の方がその損失のカバーをしてくれて、プラスになりますので、結局利益にはなるという事です。
こんな風に、両方をうまく機能させる事でリスクを大幅に減らし、その上FXで利益を残すというやり方もあるのです。
しかし、気を付けなければいけないのが、バイナリーオプションとFXの決済時期を同様のタイミングでする必要があります。なので、そこは同一の業者を使うと便利に扱う事ができると思います。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)