ギャン理論の有効性!(ギャンの価値ある28のルール編)

前回の記事でお話したギャン理論。今回はこのギャン理論の神髄とも言える「ギャンの価値ある28のルール」についてお話したいと思います。
これは、100年以上も前に作られたものですが、そうとは思えない位、今のバイナリー取引や株式投資、FX取引においても有効なルールとなっているのです。トレードスタイルに関係なく有効な方法と言えるでしょう。

第1条.資金を10等分し、1回の取引額は全資金の10分の1とする。
第2条.ストップ・ロス・オーダー(逆指値注文)を使い、ロスカットは最小限に抑える。
第3条.過剰な取引をしない、資金配分を守る。
第4条.利益を損失に変えない。含み益が出た後は、利益を減らさぬよう、逆指値を上げていく。
第5条.トレンドには逆らわない。
第6条.迷った時は手仕舞い、ポジションを解消する。
第7条.値動きがあり売買が活発な銘柄(市場)で取引を行う。
第8条.リスクを避けるため、分散投資する。資金の一極集中を避ける。
第9条.指値注文ではなく、全て成り行き注文で売買する。
第10条.根拠の無い理由では手仕舞いしない。
第11条.利益は蓄積し、一部は別口座に移し、緊急時に備える。
第12条.配当やわずかな利益目当てで売買しない。
第13条.ナンピンをしない。ナンピンはトレーダーの最大の誤りである。
第14条.我慢できないというだけで相場から逃げない。
第15条.小さな儲けと大きな損は避ける。
第16条.建玉と同時に逆指値を行い、これをキャンセルしない。
第17条.極端に頻繁な売買は避ける。
第18条.買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する。
第19条.値ごろ感に捉われない。安い(高い)という理由で買ってはならない。
第20条.ピラミッティング(乗せ商い)のタイミングに注意する。
第21条.上昇相場で買い増す場合、上げるほどに小さな枚数で買い増していく。
第22条.ある銘柄を買い建てしていて、その価格が下がり始めた時、これをヘッジしようとして別の銘柄を空売りしてはいけない。
第23条.明確な理由なしにポジションを変えない。明確なルールによる判断やトレンド変換などの明白な理由なしに手を引かない。
第24条.充分な利益を得た後は取引量を減らす。絶好調のときでも全資金を投入しない。
第25条.相場の天井(底)を闇雲に決め付けない。
第26条.他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し、自分のルールを持つ。
第27条.ロスカットした後は取引量を小さくする。もし3回連続で損を出した時には、元での10分の1のリスクに抑える。
第28条.間違えて入るのをさけるのと同じく、間違えて手仕舞うことも避ける。

以上が「ギャンの価値ある28のルール」となります。
初心者の方も是非これは覚えておくべきです。
これを用いて取引をしてみればきっとその有用性が分かるはずです。
そしてギャンの著書等も読んでみると良いと思います。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)