日本のマネタリーベースは相場に大きな影響を与える!

日銀が銀行などに供給するお金の量の事をマネタリーベースと呼び、日本語だと通貨供給量と言われます。

日銀総裁 - Google 検索

2013年4月4日に異次元の金融緩和策と言われる金融政策決定会合の発表がありました。その時大きな注目を集めたのが、黒田日銀総裁の「2年間でマネタリーベースを倍増させる」という宣言です。2012年末で138兆円だったものが、年間約60~70兆円のペースで増加という事になります。
マネタリーベースの残高は、透明性確保の意味で毎日公表されるようになっています。

マネタリーベース :日本銀行 Bank of Japan

マネタリーベースですが、毎月発表されています。但し、マネタリーベース目標は定期的な発表をされるものではないのです。
マネタリーベースの残高についてですが、2013年末で200兆円、2014年末で270兆円に拡大するという見通しになっております。2014年末までは、供給量の変更が行われる事は低いですが、更なる絶対に金融緩和がないとは言い切れないです。
日銀の通貨供給量が増加する事で、直接、国民の懐へとお金が入ってくるというものではないですが、そのお金を借りた企業が工場を建てたり、企業が設備投資したりと、そういった企業が増えれば、企業の収益も伸びます。
企業の収益が伸びる=そこで働く人の給料アップに繋がり、消費が拡大となって景気回復への兆しが見えてきます。実際、サラリーマンの給料が分かりやすく増えてくるのは、2015年以降と言われてますけれど、日本が動き出した事は間違いないと言えるでしょう。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)