押さえておきたいユーロ圏の重要な経済指標!

ファンダメンタルズ分析の一例として、今回はユーロ圏における経済指標についてお話していきたいと思います。
テクニカル分析も大事ですが、相場に影響を及ぼすものでもありますから、ファンダメンタルズもかかせない一部となりますので、是非理解して頂ければと思います。

・ユーロ圏GDP
経済状況の一番重要な判断材料になる経済指標で、ユーロ圏各国のGDPを合わせたものとなります。その規模ですが、世界でも最大となり、3月、6月、9月、12月の中旬と、日本時間であれば19時位に発表されます。米四半期GDPと同様に、改定値が速報値の次の月、その次の月に確報値が発表されます。

・ユーロ圏消費者物価指数(HICP)・政策金利
欧州中央銀行総裁
マリオドラギ - Google 検索

欧州の物価変動の指標で、上昇していればインフレ傾向で、下落していればデフレ傾向となります。基本としてはインフレは好況、デフレは不況と判断されます。
毎月上旬速報値が、重要とされる産業だけで算出した消費者物価指数のコア指数は中旬に発表されます。
消費者物価指数ですが、金融政策の判断材料にもなりますから、併せて政策金利も確認する必要があります。
政策金利ですが、欧州中央銀行(ECB)が月に一度の理事会で決まり、毎月上旬には発表されます。

・ユーロ圏経済信頼感(景況感指数)
ユーロ圏経済関係者達に聞き取り調査をして、100を基準に、そこより上ならば景気が良く、下ならば景気が低くなっているという判断となります。
経済信頼感は各国でも発表されていますし、その中でも特に注目されるのがユーロ圏経済を引っ張るドイツの指標で、数値によりますが、激しく値動きします。毎月月末発表、日本時間であれば18時(冬時間なら19時)です。

・ユーロ圏失業率

Eurostat Home

景気が良い時は雇う人も増加しますので、失業率は景気判断の重要な指標になります。ドイツだったりフランスなど国別での発表もされますが、EU統計局(ユーロスタット)からユーロ圏全体の失業率も毎月上旬に発表されます。常に高い傾向にあるユーロ圏の失業率ですが、2013年6月に発表された12.2%という数字は、1995年の統計開始から過去最も最悪な数字で、今でもギリシャの若者の2/3が仕事につけないなど色々と問題を抱えている状況です。

以上が押さえておくべきユーロ圏の経済指標となります。
こういった部分を知っておくと、更にバイナリーオプション攻略の手助けになりますので、着目してみてください。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)