サイコロジカルラインで逆張り!

サイコロジカルラインと呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標があります。これは売られすぎだったり買われすぎだったり示してくれるツールとなります。別名サイコロと言う風に呼ばれたりもしています。

サイコロジカルは日本語で「心理的」という意味を持っていて、市場にへと向かう人の心理状態を分かりやすく数値化して表したものです。
サイコロジカルラインの場合、とある期間に価格上昇の日数割合を求め、市場心理が強気になったら売り、弱気になったら買いと言う感じで、逆張り指標として使用される事が多いです。

Chart USDJPY, M1, 2014.11.28 16 03 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots

これは、サイコロジカルラインをMT4で表示した画面です。
設定期間という項目があって初期だと25になっていますが、基本的には12が使われる事が多いです。

Chart USDJPY, M1, 2014.11.28 16 06 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots

Chart USDJPY, M1, 2014.11.28 16 08 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots

上記がサイコロでの買いと売りのポイントです。
25%以下になれば買い、75%以上になれば売るというのが基本となります。
簡単な話なのですが、25%以下であれば売られすぎてるから買い、75%以上ならば買われすぎてるから売りとなります。但し、サイコロジカルラインのみでの売買ポイント探るのだと精度が良くない事を念頭に置いてください。
前日の終値よりも高ければ勝ち、安ければ負けと判断してしまうので、100pips上がった場合でも、10pips上がった場合でも同様に扱われてしまうのが難点ですし、もしも80%を超えたとしても、実はそれほど上がってないなんて事も起こり得るので、他のツールと併せて使っていくのがベストだと思います。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)