初心者でも扱えるツール!平均足で攻略を!

平均足と呼ばれるものがあります。これは他のテクニカルと比較すると、さほど人気ある指標ではないのですが、エントリーだったり決済ポイントがわかりやすいので、初心者には扱いやすい指標となっています。
平均足は、コマ足とも呼ばれていて、ローソク足の実体部分の上辺や下辺に平均値を足したものです。

Chart USDJPY, H1, 2014.11.28 12 17 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots

Chart USDJPY, H1, 2014.11.28 12 17 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots (1)

上記の2つの画面は平均足をMT4で表示したものになります。上の画面は平均足、下はローソク足になります。
平均足は陽線や陰線が連続して出やすくなっていて、陽線から陰線に変化したり、陰線から陽線に変化した所をトレンド転換点として判断するのに役立ちます。

Chart USDJPY, H1, 2014.11.28 12 23 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots

上記は平均足の売買サインの画面です。
陽線が何本か続いた後で陰線が2本形成された場合や、陰線が何本か続いた後で陽線が2本形成されたりすると、ここをトレンド転換と予測出来ます。
陰線(赤線)が何本か続いて、その後に陽線(白線)が2本連続していたら上昇トレンドと予測で買い、陽線が何本か続いて、その後に陰線が2本連続していたら下降トレンドと予測で売りという事です。
こうして見ても、売買ポイントとなる部分が非常にシンプルでわかりやすいので初心者にはお勧めなのです。
但し、平均足のシグナルですが、実際の値動きよりも遅れる事に注意してください。日足だったり4時間足や1時間足などで相場の大きな流れを掴む事や、スイングトレード、もしくは中長期投資に使用する方が効果があるとも言えます。

Chart USDJPY, H1, 2014.11.28 12 23 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots (2)Chart USDJPY, H1, 2014.11.28 12 23 UTC, Alpari  UK  Ltd., MetaTrader 4, Demo - MetaTrader Trading Platform Screenshots (3)

トレンド転換ポイントは上記の画面の様な感じです。
陽転する場合、2本目の陽線の始値で買ってエントリー、陰転する時は、2本目の陰線の始値で売ってエントリーします。
決済ポイントですが、上昇転換で入った時には下降転換した部分で決済、下降転換で入った時には上昇転換した部分で決済、という形になります。
同色の平均足が継続している内は、トレンドが続いていると判断してポジションは持ったままがいいでしょう。

初心者でも扱いやすいので早速試してみてください。トレンド転換のタイミングを察知する助けになると思います。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)