ファインズオプション攻略!(両建て編)

株やFXといった相場の世界に馴染みある方はご存じだと思いますが、両建てと言う言葉があります。
簡潔に説明すれば、「買い」、そして「売り」のポジションを同時に建てる、つまりは同時に持つという意味です。
ファインズオプションの場合なら、HIGHとLOWを両方買うような感じですね。
そして、これを利用して攻略している方もいらっしゃいます。どんな風にするのか、今回は説明していきたいと思います。

その前に知っておくべき事ですが、ファインズオプションにはハイロー以外に、他の取引方法があります。
取引の種類を大きく分けると3つになります。その中でハイロー以外の場合、「レンジ」と「タッチ」となります。

両建て攻略(レンジ型の場合)

Binary Options   Trading Binary Options with FinesOption™   Day Trading   Stock Options Trading   Intraday Trading   Buy Stocks (2)

上記はファインズオプションでのレンジ取引の画面です。判定時間中にレートが指定された値幅(上下の線)の中で納まる(レンジ・イン)のか、超えるのか(レンジ・アウト)を予測するものです。
このレンジ型の取引の時は、レンジの上限近くまで行った時に「下がる」、レンジの下限近くにレートが行った時は「上がる」をそれぞれ購入という形を取ります。
レンジ相場の場合、トレンドが発生していませんから、両建て取引で成功となれば両方の利益を得られるという事も可能となります。

両建て攻略(タッチ型の場合)

Binary Options   Trading Binary Options with FinesOption™   Day Trading   Stock Options Trading   Intraday Trading   Buy Stocks (4)

上記はファインズオプションでのタッチ取引の画面です。取引終了時間まで、1回でも指定されているレート(上記画面であれば上の黒い線)へと到達したらペイアウトを受けられる「タッチ型」。これも経済指標発表など色々な要素を加味して、上がるか下がるかどっちかに高確率でレートが動くと予測できる時に両建ては有効利用出来るでしょう。
因みにタッチ型の取引は、かなりペイアウト倍率が高く設定されてる事が多いので、両建て向きと言えます。

両建ての強みを理解していただけたでしょうか?しかし、両建てを使用する時には注意する部分もあります。
同じ値での両建てでは無意味ですし、ハイロー型では意味がありません。
出来る限り、大きな収益やペイアウト倍率が高い時、また、経済指標の発表時などの相場が大きく動く時を狙うのがポイントです。

こうして注意すべき点をきちんと守れば両建てはファインズオプションで勝率アップに繋がり、攻略の幅も広がると言う事になります。しかし、リスクがあるのは当然なので為替市場に慣れておく事も必要になりますので、そこは理解しておくべきでしょう。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)