バイナリー60のロールオーバーを利用し損失をペイアウトに変える!!

バイナリー60の特徴として、ロールオーバーと途中清算が可能になっています。
本来であれば、バイナリーオプション取引の場合は、判定時間までオプションは保持され、判定時間になれば自動でオプションの精算が行われ、損益が確定するものです。
ですが、業者によって途中精算(転売、権利放棄等)やロールオーバーと言うシステムによって、判定時間での精算のタイミングを前後させる事ができる優れものなシステムです。
バイナリー60の場合、判定時間になるまでに「途中清算」のボタンを押すだけで、途中清算が可能となっています。

binary60  .バイナリーオプション取引 (3)

これが途中清算の図です。途中清算時のペイアウトですが、時間とレートに応じた変動があります。設定されたルールがありますから、この途中決済が出来るのは取引開始3分後から判定時間3~5分前までのとなっています。
ここでロールオーバーに関しても説明させて頂きます。

binary60  .バイナリーオプション取引 (4)

そしてこちらがロールオーバーの図となります。ロールオーバーとは、判定時間に到達する際にまだ確定ではない損失が発生している時、ロールオーバーを実行する事によってその判定時間を延長させられる事ができます。
その後は延長した時間が目標レートに達すれば、実際なら損失になっているはずだったオプションがペイアウトされるというように非常に利益を上げる助けとなるのです。

因みにこのロールオーバーのルールですが、使用する際には手数料を支払わなければなりません。
ロールオーバーも途中清算も、相場の状況変化に臨機応変に対応する事が可能となる為、本来であれば損失が確定するのをただ見て待つ事しかできなかった状況を、機動的なトレードで利益へと、損失を限定出来るという利益に繋がる大きな助けになります。
毎回このロールオーバーや途中清算をしてしまうと、毎回手数料がかかってきてしまう為、決して効率はよくありません。ですから基本的な取引をしながら、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を併用した上で、ここぞと言う時に使う事で攻略に繋がると思います。
このロールオーバー、そして途中清算に関しても、今現在、一部の業者しか採用していません。そんな中バイナリー60ではこの2つを利用でき、柔軟なトレードが可能となってますから勝率アップにも繋げやすいと言う事です。

このように、新しい取引方法だったり、トレーダーの戦略や選択肢を増やしてくれる環境を提供してくれるバイナリー60のような業者が増えて支持されていけば、他の業者も乗り遅れまいと同様なサービス展開に力を入れ、競い合う形となってくるでしょう。その結果、バイナリーオプション取引の業界自体が活性化する事に繋がり、バイナリーオプショントレーダーの取引環境が向上するのは言うまでもありません。

今回ご紹介した途中清算とロールオーバーは「勝つため」ではなく、「負けないため」に利用する事で攻略の要となりますので、皆さん是非バイナリー60で取引開始してみてください。

登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

コメントを残す




CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)