無料の必勝法メルマガを配信しています。


メールをお送りしますので、受信BOX及び迷惑フォルダをご確認ください。
登録  解除
*メールアドレス
名前

お届けする情報
・独自のバイナリー必勝法
・時事ニュースについての解説
・継続的に勝つための方法
・その他附随情報

サイコロジカルラインで逆張り!

サイコロジカルラインと呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標があります。これは売られすぎだったり買われすぎだったり示してくれるツールとなります。別名サイコロと言う風に呼ばれたりもしています。 サイコロジカルは日本語で「心理的」という意味を持っていて、市場にへと向かう人の心理状態を分かりやすく数値化して表したものです。 サイコロジカルラインの場合、とある期間に価格上昇の日数割合を求め、市場心理が強気になったら売り、弱気になったら買いと言う感じで、逆張り指標として使用される事が多いです。 これは、サイコロジカルラインをMT4で表示した画面です。 設定期間という項目があって初... Read more

CCIは順張りで効果を発揮する!

買われすぎ、売られすぎを示すオシレーター系のテクニカル指標でCCI(Commodity Channel Index)と呼ばれるものがあります。日本語だと「商品チャネル指数」などと呼ばれたりもしています。 元々、商品相場でのトレンドの強さだったり、相場の転換点等を探る為に作られ使われたものなのですが、現在だと株式投資やFX、そしてバイナリーオプションの金融商品なんかでも使われる事が多くなっています。 CCIは、トレンドの強さを測る為に使用されていたものですから、今現在でもトレンドの強さ、そしてトレンド発生の見極めなどに使う方も多くいらっしゃいます。そのため、トレードツールの中ではトレンド系の... Read more

ボリンジャーバンドでのダマシ回避ポイント!

前回に引き続いて、今回もダマシについてのお話をさせて頂きます。前回は±2σから読み取るダマシについてでしたが、今回は別のダマシパターンを紹介していきます。 上記の画面の様に、ヒゲのみで±3σにタッチ、もしくは±2σにタッチした場合、それが実体で確定になるか、ヒゲになるかという部分もポイントとなります。 こんな風に、+3σにタッチしていても、一瞬長いヒゲでタッチしただけの時は、トレンドにならないまま終わってしまったり、トレンドが弱くなってしまっている事が多々あります。 ヒゲの場合だと、見ているチャートの期間等により変わってくるとは思いますが、1時間足で見ている場合、確定した時点... Read more

モメンタムで相場の勢いを判断し攻略に繋げよう!

相場の勢いを判断するオシレーター系テクニカル指標のモメンタムと呼ばれるものがあります。 当日の終値から数日前の終値を引いた値でライン生成しますから、短期的な動きの判断には非常に役立つと思います。ちなみにモメンタムの改良版的なものでROCという指標もあります。 上記の画面はモメンタムをMT4で表示したものになります。 MT4の場合だと、100が中心線になります(基本は0が中心)。標準設定の場合、レベル表示がありませんから、100のラインを追加した画面になります。 モメンタムの基本がこちらになります。 ・0ライン(MT4の場合は100)を下から上へと抜ければ買い ・0ラ... Read more

EMAを活用すれば攻略の強い味方!!

バイナリーオプションをやる上で、地道に勝利を積み重ねていく事こそがトレーダーとして成功する近道となります。 その為には、色々な面から相場の値動きに対しての分析をしっかりとできる様になる事が求められます。 世界情勢を読み解き予測を立て、自分ルールをきちんと定めてそれを守り必ず実行していく、自分に合ったバイナリーオプション業者を選択する、そしてトレンドの傾向を予測する力など沢山要素はあります。 その中でも特にトレンドの傾向を読み解く為に必要なのはテクニカルツールの活用です。 バイナリーオプションが最近人気ですし、様々なテクニカルツールが登場しています。トレンドを把握する為の有効ツールと... Read more

ハイローでのローソク足攻略!

ハイローをローソク足のみで攻略する方法について今回はお話したいと思います。 これは初心者向けですので、取引をしないで攻略を立てる形にしたいと思います。 ハイロー型の攻略パターンには幾つかあります。 そして基本的にローソク足を使用して攻略する場合に大事なのは、取引時刻の「引き間際の動き」です。 引き間際と言うのは簡単に言えば、「取引直前」の事を指していて、例えば5分足なら残り時間2分前が引き間際と言う事になります。 そしてレートが動き出す時間帯で時間足のチャートを見る事と、ローソク足が過去から今に向かいどんな風に形成されてきているかに関しても必ず見ておく必要があります。 では... Read more

MACDの買いサインはゴールデンクロスで!

トレンド系指標の移動平均線から算出されるオシレーター系テクニカル指標のMACDは、非常に有名なものと言えます。 MACDは、トレンドの継続を見極めやすい上に、売買サインもわかりやすく、バイナリー初心者向けの指標とされています。沢山の方が参考にされている指標はダマシも多いのですが、まず最初はわかりやすい指標から始めるのが良いでしょう。 ボリバンだったり移動平均線との組み合わせで見る事で、チャート分析が明確になると思います。 MACDでの買いポイントはこのようになっています。 ・MACDが0ラインを下から上へと突き抜ける ・移動平均のゴールデンクロス、MACDと0ラインのクロス ・... Read more

押さえておきたいユーロ圏の重要な経済指標!

ファンダメンタルズ分析の一例として、今回はユーロ圏における経済指標についてお話していきたいと思います。 テクニカル分析も大事ですが、相場に影響を及ぼすものでもありますから、ファンダメンタルズもかかせない一部となりますので、是非理解して頂ければと思います。 ・ユーロ圏GDP 経済状況の一番重要な判断材料になる経済指標で、ユーロ圏各国のGDPを合わせたものとなります。その規模ですが、世界でも最大となり、3月、6月、9月、12月の中旬と、日本時間であれば19時位に発表されます。米四半期GDPと同様に、改定値が速報値の次の月、その次の月に確報値が発表されます。 ・ユーロ圏消費者物価指数... Read more

RCIで時間と価格の相関関係を見抜け!

直近の一定期間での価格に注目したオシレーター系テクニカル指標がRCI(Rank Correlation Index)と呼ばれるものです。 RCIは、価格を計算対象にはしないで「時間」と「価格」を順位付けし、時間と価格にどれ位の相関関係があるかを示唆してくれるものです。 これは、RCIをMT4で表示したものになります。 期間ですが、初期値は9になっているのですが、26や52なんかが良く使われたりしています。 基本としては、+100%に向かっている場合は上昇トレンドとなり、80%以上が買われすぎサイン、100%近くは天井圏で売りサインと言う事になります。 逆に-100%に向か... Read more

RVIは初心者にお勧めのテクニカル指標!

RSIを応用したオシレーター系のテクニカル指標でRVI(Relative Volatility Index)と呼ばれるものがあります。 相場のボラティリティが拡大、縮小しているかに関して判断する事ができるものです。 ボラティリティ=価格変動率と言う事ですから、ボラティリティが大きいと言う時は、価格の変動が大きい事を言います。 オシレーター系指標としては、ストキャスティクス、MACD、RSIなどが一般的には有名ですが、実はRVIも人気がある指標の一つと言って過言ではないです。 上記の画面はRVIをMT4で表示したものになります。 RVIのラインとシグナルラインが表示され... Read more

オプション99が初心者にお勧めな理由!

初心者にお勧めとされる一つであるオプション99についてお話したいと思います。 オプション99はネットなんかでも注目されていますし、一度はオプション99の業者名を聞いた事があるなんて方も多いと思います。 このオプション99のお勧め出来るポイントは日本語のサイト作りな点ですね。日本人も気軽にサイトを使えるようにという親切設定になっています。 そしてステップについても画面の通り簡単で、しっかり説明もしてくれていますね。 そしてオプション99はサポートの方が365日24時間、つまり毎日使える事ができます。 次に1度の最低取引金額が500円からだという事です。これなら初... Read more

取引

オプションウィナーは低投資とトレードチャンスを掛け合わせて攻略!

今回はオプションウィナーの取引方法と攻略についてです。 皆さんは既にオプションウィナーをご利用してるでしょうか? オプションウィナーの取引方法はストラテジーに合わせ、3種類7パターンという中から選ぶ取引方法になります。 1種目がハイロー取引、60セカンズ取引となります。この取引方法は皆さんもご存じでしょう。現在のレートに対し「上がる」か「下がる」か選択するものです。 2種目がタッチ、ノータッチ取引です。この取引方法も知られてるものだと思います。設定した値段に「タッチする」か「下落する」かを選択します。 3種目がレンジ取引と呼ばれるものです。この取引方法は一定の... Read more

取引

MACDの売りサインはデッドクロスで!

前記事でお話したMACDですが、今回は売りサインについてです。基本の買いサインと売りサインは、「0ラインを下から上へと突き抜ければ買いサイン、0ラインを上から下へと突き抜ければ売りサイン」となっています。 但し、0ラインとのクロスが発生しただけで売買していては、ダマシが多く無駄な売買が増えてしまい損失に繋がってしまいがちです。 テクニカル指標の場合、1つではなく複数組み合わせるのが基本となっていて、MACDを使用する場合でも移動平均線、ボリバン、RSIなんかのサインを見つつ活用するようにしましょう。 MACDの売りサインポイントはこのようになっています。 ・MACDが0ライ... Read more

強弱レシオは売買タイミングの要!

オシレーター系のテクニカル指標で日本人の篠原正治さんが考え出した分析手法の篠原レシオとも呼ばれる強弱レシオ(ABレシオ)は売買タイミングに特化した指標です。 Aレシオは相場のエネルギーを、Bレシオは人気を表していて、それぞれが単独だったり複合だったりと、売買のタイミングを見つけ出すテクニカル指標となります。 AとBの違いは下記の通りです。 Aレシオ=「始値を起点とした上下の振幅」 Bレシオ=「前日終値を起点とした上下の振幅」 と、なっています。 上記画面はABレシオインジケーターをMT4で表したものです。シグナルが表示されるようになっていて、青が買いシグナル、赤... Read more

ウィリアムズ%Rをレンジ相場で使いこなそう!

伝説のトレーダー「ラリー・ウィリアムズ」が開発したオシレーター系のテクニカル指標であるウィリアムズ%Rは非常に優秀なもので、%RオシレーターやW%Rとも呼ばれたりしています。 ストキャスティクスやRSI等と同様に、売られすぎだったり買われすぎだったりを示す指標となります。因みに%RのRですが、これはレンジの事を指していて、レンジ相場で非常に有効な指標となります。 上記の画面は%RオシレーターをMT4で表示したものになります。初期設定標準だと期間が14になっています。 %Rオシレーターは0や-100に割と頻繁に近づきますから、これだけで売買シグナルとして判断してしまうとなか... Read more

究極のオシレーター!アルティメットオシレーターで売買サインを掴め!

アルティメットオシレーターと呼ばれるオシレーター系テクニカル指標があります。有名なラリー・ウィリアムズが開発したと言われるものです。 アルティメット=究極という意味ですから、究極のオシレーターとさえ呼ばれている凄いものです。究極のオシレーター等と呼ばれる所以は、今までのオシレーター指標の欠点や弱点を補う為、開発されたからなのです。 一般的なオシレーターの場合、設定期間がベースとして計算されます。仮に14日で設定した時、14日周期で相場が動いてくれなければ効果がないです。 設定期間を短くしてしまえばダマシが多く、逆に設定期間を長くしてしまえば反応が鈍くなるので、それのみでの売買サインにする... Read more

レジスタンスラインの活用方法!

前記事でお話したサポートライン。それと同じ位大事なのがレジスタンスラインです。 今回はレジスタンスラインを攻略に活用する事に着目してお話したいと思います。 移動平均線のレジスタンスの場合が上記の画面です。 移動平均線がローソク足の上にある状態だと、ラインが上値抵抗線(レジスタンス)になります。 トレンドラインのレジスタンスの場合が上記の画面です。 下降のトレンドラインはレジスタンスになります。何度も反発している線は強い線になりますから、線にタッチした時点で逆張りで入るのが良いでしょう。 過去の高値のレジスタンスの場合が上記の画面です。... Read more

サポートラインは攻略で重宝すべき!

今回はテクニカル指標以外で投資家が注目するポイントとなるお話です。 以前お話したトレンドラインと、同じ位に重要とされるのがサポート・レジスタンスと呼ばれるものです。 今回はそのサポート・レジスタンスのサポートについてお話したいと思います。サポートとはサポートラインや下値支持線とも呼ばれています。 因みに下降トレンドでも上昇トレンドでもサポートとレジスタンスと言うものは存在します。 サポート・レジスタンスになる要素についてですが、そもそもサポート・レジスタンスとはトレーダーに意識される価格帯の事を指します。具体的にはコチラの様なものです。 ・移動平均線 ・トレンドライン ・過去... Read more

ボリンジャーバンドと平均足を組み合わせて逆張り取引!

ボリバンとローソク足を組み合わせてチャートを見られる方は多いと思います。そこで、トレンド転換を迅速に察知出来る様に平均足を組み合わせる攻略も非常に効果があります。 ボリバンと平均足でのトレードについてですが、上記画面はトレンド発生時の順張りになります。 平均足が-3σへとタッチ後、反転して足の色が変わり、ボリバンのミドルラインを超えた1がエントリーポイントとなります。 それ以外にもボリバンのミドルラインが上向きになったかなという2の部分や、足の実体で+2σ超えた3でエントリーするのも良いと思われます。 決済ポイントですが、この場合、足の色が変わった4のポイントです。 ちな... Read more

初心者でも扱えるツール!平均足で攻略を!

平均足と呼ばれるものがあります。これは他のテクニカルと比較すると、さほど人気ある指標ではないのですが、エントリーだったり決済ポイントがわかりやすいので、初心者には扱いやすい指標となっています。 平均足は、コマ足とも呼ばれていて、ローソク足の実体部分の上辺や下辺に平均値を足したものです。 上記の2つの画面は平均足をMT4で表示したものになります。上の画面は平均足、下はローソク足になります。 平均足は陽線や陰線が連続して出やすくなっていて、陽線から陰線に変化したり、陰線から陽線に変化した所をトレンド転換点として判断するのに役立ちます。 上記は平均足の売買サイ... Read more